« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

07/2/7(水) 能公演「能の表現と能を取り巻く文化」@インドネシア・大阪

以下の公演があります。
---
能の表現と能を取り巻く文化
Ekspresi NOH dan Lingkungan Budayanya

日 程:

●2月7日(水) 

9:00−12:00 講演 (能の歴史的文化的背景について)

13:00−15:00 ワークショップ(これは主に芸大学生・教官と、演劇
                   関係者が対象です)

●2月8日(木)

10:00−12:00 ワークショップ(これは主に芸大の学生・教官と、演劇
                   関係者が対象です)
19:00−21:30 公演
     「羽衣」、「石橋」を能装束で、ジャワの伝統空間プンドポで
     上演します。2曲の間に楽器紹介もいたします。

いずれも、インドネシア国立芸術大学スラカルタ校(Institut Seni
Indonesia Surakarta)プンドポにて

住所 Jl.Ki Hajar Dewantara No.19, Kentingan, Jebres, Surakarta

入場無料

●2月9日(金)

20:00−22:00 レクチャー&公演
     「羽衣」、「石橋」を袴能で上演します。面と装束の展示紹介と
     2曲の間に楽器紹介もいたします。

国際交流基金ジャカルタ日本文化センター(the Japan Foundation,
Jakarta)ホールにて
住所 Summitmas I lantai 2-3, Jl.Jend.Sudirman Kav.61-62, Jakarta

入場無料

●2月10日(土)

13:00−16:00 レクチャー&ワークショップ (これは主にジャカルタ
                      芸術大学等の学生が対象です)
ジャカルタ芸術協会(Dewan Kesenian Jakarta)にて

●2月14日(水)

18:30−20:30 レクチャー&ワークショップ

大阪国際交流センター・小ホールにて

入場料 1000円(一部はジャワ島地震の復興支援に寄付)

●出演

能楽師: 赤松禎英(観世流シテ方重要無形文化財総合指定保持者)
      他 計8名
講演(インドネシア): 増田正造(武蔵野大学名誉教授)
ファシリテーター(大阪): 林公子(近畿大学文芸学部助教授)

企画制作: 冨岡三智

共催: 国際交流基金ジャカルタ日本文化センター
     インドネシア国立芸術大学スラカルタ校
     ジャカルタ芸術協会
後援: 在インドネシア日本国大使館
助成: 国際交流基金、朝日新聞文化財団
企業メセナ協議会認定
協賛: Hotel Nikko Jakarta, Hotel Sahid Kusuma Raya Solo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

07/1/28(日) 第1回 Klenengan in 浜松町 「ジャワガムランの古典曲をじっくり楽しもう!」

以下の公演があります。

--

第1回 Klenengan in 浜松町
  「ジャワガムランの古典曲をじっくり楽しもう!」

 ジャワガムランの古典曲は、数曲を続けて途切れることなく演奏される場合も多く、 一連の演奏が終わるまでに数十分もかかることがあります。演奏時間が長くなるため、 ランバンサリの通常の演奏会ではなかなか取り上げることができませんが、 今回はそんなジャワガムランの神髄ともいえる魅力的な曲の数々を集めて、 ランバンサリ・スタジオで皆さんと楽しい一時を過ごしてみたいと思います。 演奏に加わるもよし、お茶を飲みながらゆったりと聴くもよし、出入りも自由という気楽な会です。 ガムラン経験者の皆さん、初めて聴く方、どんな方でも大歓迎です。お誘い合わせの上、気軽にご来場下さい。 演奏する曲の楽譜は当日用意いたします。このための練習は特に行いませんので、 どんな演奏が繰り広げられるかは、当日のお楽しみといったところです。演奏の飛び入り大歓迎! 冬の午後をまったりとジャワガムランでお楽しみ下さい。


日 時:2007年1月28日(日)
    16:00〜21:00

会 場:ランバンサリ・スタジオ
    Tel 03-5425-6137
    (JR浜松町駅南口より徒歩1分)

入場無料(ジャワティ・お菓子付)
演奏予定曲:
  「カゴ・ララス」「オナン・オナン」他

ご予約:ランバンサリ事務局
    Tel 03-5300-6361(木村)
    e-mail: office@lambangsari.com

ランバンサリ    
http://www.lambangsari.com/
    
http://www.lambangsari.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

07/02/04(日) デワ・アリット(バリ・ガムラン) vs 種子田郷(ラップトップ)

以下の公演があります。
----
Manohara Asian Arts Project -sound- Vol.1
Bali Gamelan vs laptop
デワ・アリット(バリ・ガムラン) vs 種子田郷(ラップトップ)

Manohara0702043日時:2007年2月4日(日) 14:30−17:30
当日:¥3,000 予約:¥2,800
出演:デワ・アリット、種子田郷
音響システム:TAGUCHI
会場:UPLINK FACTORY http://uplink.co.jp/top.php
予約:UPLINK FACTORY 03-6825-5502/factory@uplink.co.jp
MANOHARA Co.,Ltd. 044-572-9290/info@manohara.co.jp
project suara/ ticket@suara.jp
主催:MANOHARA Co.,Ltd.  http://www.manohara.co.jp/
共催:UPLINK
協力: project suara、cudamani

今回のセッション・ライブでは、デワ・アリットがインプロで奏でるガムランの音を種子田郷がその場でラップ・トップに取り込み、フィルターをかけ周波数を増幅・収縮し加工した音をTaguchiのスピーカーから出力するということを試みます。
デワ・アリットの奏でる生音と、種子田氏によって創り出されたエレクトリカルな
(ガムラン)サウンドが同じ空間に響くとき、何が生まれるか是非体感してくださ
い。
なお、ライブの前には、種子田氏、デワ・アリットによる、それぞれの音(曲)作りについてのレクチャー・デモを行ないます。
滅多に語られることのない、両氏の制作メソッドについて聞くまたとないチャンスです。

デワ・アリット(Dewa Alit)
ガムラン演奏家・作曲家。バリ・ガムランオーケストラ「スダマニ」芸術監督。マサチューセッツ工科大学(アメリカ)客員ディレクター。日本では、UA、梅津和時、外山明、藤乃家舞、ヨシダダイキチ、数々のミュージシャンとセッションを行ってい
る。
http://www.k2.dion.ne.jp/~cudamani/

種子田郷(go taneda) 
音楽家。サウンドアートユニットproject suara主宰。音響を豊かな表現のための楽器として、サウンドが主体性を帯びたパフォーマーとして存在するという考えから時空間の表現に取り組む。「SoundDanceVisual」シリーズ公演をさとうじゅんこと主催。ジャワガムラングループsuara所属。
http://suara.jp/

MANOHARA Co.,Ltd. 
http://www.manohara.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

07/2/12(日) 音工場HANEDA ジャワ・ガムラン一日体験講座

以下の講座があります。
----
「音工場HANEDA ジャワ・ガムラン一日体験講座」

070212ジャワのガムランを一度体験してみたい方にお薦めのワークショップ!!
一度、楽器に触れてみたかった方、演奏してみたかった方、是非ご参加下さい。
ジャワのガムランには沢山の種類の楽器があり、それぞれ音色も演奏方法も違います。やさしい曲を演奏しながら、楽しいひとときを過ごしませんか?

日時:2007年2月12日(月・祝)
14: 00〜16:30
講師:福沢達郎
対象:初心者
定員:15名 (先着順)
参加費:3500円
申込み方法:お名前・ご住所・お電話番号・通勤・通学先をご記入の上、
FAX.かE-mailにてお申込下さい。又は、留守名番電話にお吹き込み下さい。
こちらからご連絡致します。

会場・お申込み・お問い合せ先:
音工場HANEDA(日祝休)
〒143-0013 大田区大森南1-19-16
Tel&Fax. 03-3745-6460
E-mail:info_otokoba@yahoo.co.jp
交通:JR大森駅東口、京急平和島駅より「森ヶ崎」「羽田空港」行きバス
R蒲田駅東口、京急蒲田駅「森ヶ崎」行きバス
京急大鳥居駅より徒歩15分、又は「森ヶ崎」「大森
駅」行きバス全て、「北糀谷(きたこうじや)」下車 徒歩3分
音工場HANEDA
http://sound.jp/otokoba/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »