« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

07/2/18(日)中田一子 いのししも おまいりするかな 水天宮

以下の公演があります。

---------

Ichiko0012007年2月18日(日)
午後2時開演 午後1時30分開場
「イチコ 2007~いのししも おまいりするかな 水天宮」
会場:日本料理「前田」
出演:中田一子(歌・キーボード・ガムラン楽器)
前田達彦(パーカッション)
料金:1,800円(おやつ+お茶付き) 

中田音楽
http://mypage.odn.ne.jp/home/ichinoko/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/1/25(木) 東京ガムラン@代官山CAndy

以下の公演があります。

----------

Top ●東京ガムラン
各地のライブで大活躍「SUARASANA」の川村亘平、濱元智行。
ピアノの調律師を目指して猛勉強中のスリ藤崎(調律の学校の試験で百点とりました!)。ガムラン修行24年目、皆川厚一で結成。

 川村亘平(ガムラン)
 スリ藤崎(ガムラン、ピアノ)
 濱元智行(ガムラン)
 皆川厚一(ガムラン、ピアノ)
 
●LIVE 2007/1/25(木)
19:30~バリの伝統的な影絵芝居の伴奏曲グンデル・ワヤンをBGMに、イタリア料理をお楽しみ下さい。
21:00~メインのライブが始まります。バリの伝統的な音楽とピアノを用い、新たな要素を加えてアレンジした「東京ガムラン」ならではの曲を演奏致します。
 
●代官山CAndy
   MUSIC&RESTAURANT
シチリアで修業した佐藤喜一郎シェフのイタリア料理は、産地直送の魚介類、やんばる島豚などの銘柄肉、契約農家からの安全で新鮮な野菜を使用しています。
ドリンクは無ろ過ビールを始め、各地のワイン、豊富なカクテルが揃っています。「東京ガムラン」スペシャルメニューとスペシャルドリンクをご用意致して皆様のお越しをお待ちしています。
音楽を聴きながら美味しい料理をお楽しみ下さい。
 
「東京ガムラン」計画 by バリ・ガムラン シダカルヤ   
Tel:03-3424-9653 / E-mail : sidkar@a2.rimnet.ne.jp

バリ・ガムラン シダカルヤ
http://www.kt.rim.or.jp/~maktori/gamelan/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

07年2月 ガムラン音楽教室07年度受講生募集@東京音楽大学付属民族音楽研究所

以下の講座があります。
--
東京音楽大学付属民族音楽研究所 主催
社会人講座「ガムラン音楽教室」
2007年度 受講生募集!!

07javagamelanインドネシア ジャワ島の王家を中心に発達した「ジャワ・ガムラン」。この音楽の魅力をより多くの方々に知ってもらいたいと東京音楽大学では1996年より社会人講座「ガムラン音楽教室」を開催しております。
初心者でも合奏を楽しめるのがガムランの特徴。音楽知識や楽器演奏の経験は問いません。「青銅の交響楽」とも呼ばれる優雅で幻想的なジャワ・ガムランをぜひ体験してください。

◎2007年度 募集要項
【申込期間】2007年2月6日(火)〜3月10日(土)午後6時まで
※定員に達していない場合、締切日以降も可能な限り受付けます。
【受講期間】2007年4月〜2008年2月(全36回)
※前期(18回)のみの受講も可能
【受講料】105,000円(税込み)※前・後期分納可能
【募集講座】ジャワ・ガムラン演奏講座 初心者クラス
      毎週土曜 13:00〜14:30
※1年間継続していただくとジャワ舞踊講座も受講可能(料金別途)
【講師】佐藤まり子(東京音楽大学 専任講師)ほか
【定員】15名(申込先着順)
【対象】18歳以上の初心者の方
【会場・お申込み・お問い合わせ】
東京音楽大学付属民族音楽研究所 担当:高橋
〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷3-11-1(JR池袋駅より徒歩12分)
TEL:03-3981-8783 FAX:03-5950-1831
E-mail:minzoku-ongaku@tokyo-ondai.ac.jp
開館日:火〜土 10:00〜17:00

東京音楽大学付属民族音楽研究所
http://www.tokyo-ondai.ac.jp/archive/kenkyu.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

07/02/11(日) クルタクルティ公演 ワヤン vol.2@東京・板橋区

以下の公演があります。
--------
Wayang001クルタクルティ公演 ワヤン vol.2
2007年2月11日(日) 大東文化会館・ホール
2:00pm start/1:30pm open
東武練馬駅(東武東上線) 北改札口徒歩2分。〒175-0083 東京都板橋区徳丸2-4-21

演目=
コン・トンと音がする(予定上演時間2時間)
チケット=
前売りのみ 1,500円(ドリンク付)、小学生以下無料(要予約)、全席自由
チケット取扱=
チケットぴあ http://t.pia.co.jp/(Pコード 245-942)

問合せ=
クルタクルティ Eメール kluthak@kazekusa.jp
Tel.03-5318-7152 Fax.03-5318-7146
http://kluthak.kazekusa.jp/

★クルタクルティのワヤンへようこそ★

ワヤンのふるさとインドネシアで感じるワヤン会場の居心地のよさ。
演じる側と見る側の境界線があいまいな空間。
私たちは作品を見ていただくと同時に、
ワヤンのそんな空間をまるごと楽しんでもらいたいと思っています。

ワヤンはライヴだ! ワヤンは一回限りのなまものであると私たちは常々考えています。それはその場にいあわせた演奏者と観客が作り出す雰囲気によって最後の仕上げがされるもの、という意味です。もちろんできるかぎりの準備をして本番に臨むことに変わりはありませんが、それは完成形を目指すというよりは、どんなことが起こっても一番すてきな対応ができるように、という練習の積み重ねなのです。

さて演目「コン・トンと音がする」は、公開練習の場でその制作途中を見ていただく機会もあり、その後2006年8月の初演、10月の公演と毎回少しずつ形を変えてきました。そして今回は時間制限を気にせずにできる自主公演ということで、たっぷりどっぷりクルタクルティのワヤンワールドを楽しんでもらえるような雰囲気作りを心がけています。

今回のクルタクルティのワヤンでは、席の移動自由、飲食自由(持ち込み自由。アルコールはご遠慮下さい)、となっています。座席は座布団席と椅子席を用意しています。

ワヤンの上演時間は2時間ほどの予定ですが、なにせライヴですので雰囲気如何によっては長くなることも(短くなることも!)ありますのでご了承下さいませ。上演後には楽器やワヤン人形に触れたり、出演者ともどもお茶しながら雑談ができるような時間もとれればと思っています。

演目「コン・トンと音がする」あらすじ=
宇宙支配の神ブトロ・グルとその妻ウモにまつわる物語。赤い光の塊で生まれたウモは父親の祈りにより人間の姿となった。ウモは超能力をもつ美しい容姿の大人に成長し、自分の心の中のコントンと出会う。ブトロ・グルに見初められついに妻になるウモだが、その先にもきびしい運命が待っていた…。ジャワのワヤン演目の大筋に、インドのマハーバーラタや荘子などを絡めたオリジナル作品。誰の中にも存在する“もやもやとした部分”に目を向けた。

クルタクルティ http://kluthak.kazekusa.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »